メリットが多いHARG療法

注射AGAの治療にHARG療法を用いる理由は、メリットが多くあるからです。誰でもデメリットばかりの治療法よりも、メリットが多い治療法を用いようと考えるのは当然でしょう。しかし、まだあまり日本では浸透していないため、HARG療法事態を知らない人や、クリニックでも用いていない場合があります。では、HARG療法にはどのようなメリットがあるのでしょうか。それは薬剤治療よりも早く効果が得られることが挙げられます。

AGA治療で用いられている薬剤と言えば、やはりミノキシジル、フィナステリドなどがあります。これらの薬剤は副作用が出てしまう可能性が高くなっています。それに対してHARG療法の場合には、副作用が出にくいという特徴があるのです。また、薬剤治療の多くは男性にのみ服用が可能で、女性には使用できない場合が多いでしょう。HARG療法であれば、女性にも用いることができるのです。

先ほど副作用が少ないと記載しましたが、その理由はアレルギー成分を全く使用していないこともあります。現在日本で使用する場合には、講義を受けて認定証を発行された医師でなければ用いることができません。何より満足度が高くなっているのが最大のメリットでしょう。このようにたくさんのメリットがあるので、これから注目されていく治療法になることが予想されます。

「関連サイト」AGA 名古屋で有名な療法を取り入れています。

HARG療法の効果

AGA治療に用いられているHARG療法ですが、どのような効果があるのでしょうか。大きく分けると3つの効果が得られます。1つ目は発毛効果なのですが、毛母細胞を刺激することによって、ずっと休止期の状態であった髪の毛が成長期に代わります。そうすることで本来全く育っていなかった髪の毛を成長させ、抜けてしまった髪の毛を再び生やすことができるのです。

育毛剤2つ目は育毛効果なのですが、せっかく生えても髪の毛が育ってくれなければ意味がありません。よく育毛剤を購入する人もいるのですが、育毛剤というのは髪の毛を育てるために使用するので、発毛効果がない場合もあるのです。生やしたい場合には発毛効果のある物を購入しないといけません。発毛効果のある育毛剤を使うよりも、HARG療法の方がさらに効果が期待できると言えるでしょう。

髪の毛を育てるための栄養分がしっかりと含まれているからこそ、十分な育毛効果を発揮できるのです。3つ目はせっかく生えた髪の毛が再び細くなって抜けてしまわないようにする効果です。ようするに脱毛を制御する効果を得られると考えればよいでしょう。DHTを制御することで脱毛を防ぐ効果を得られるので、AGAの治療には最適だと言っても過言ではありませんが、まだ日本ではあまりHARG療法が認知されていないのが現状です。

複数あるAGA治療法

薄毛女性に比べて男性は薄毛で悩む人が多くなっています。薄くなるだけの人もいるのですが、男性の場合には髪の毛が抜け落ちて生えてこなくなる人もたくさんいるのです。このような症状を男性型脱毛症と呼ぶのですが、男性型脱毛症とは呼ばずに、AGAと呼ぶのが一般的になっています。AGAの治療を行うためには、通常薬を用いることが多いと言えるでしょう。どのような薬を用いるのかというと、フィナステリド錠という物を使うケースがよくあります。

しかし、フィナステリド錠を始めとしたAGAの治療薬には、副作用が出やすいという欠点があります。しかも長期間服用しないと効果が期待できないので、近年では別の治療法を用いる場合もあるのです。その1つがHARG療法という治療法なのですが、聞いたことがないという人も多いでしょう。どのような治療法なのかというと、HARGカクテルと呼ばれている成長因子を、髪の毛の成長が止まっている休止期に注入するという方法になるのです。

HARGカクテルと言われても、やはりよくわからない人も多いでしょうし、カクテルという名前が付けられていることから、アルコールなのかと考えてしまう人もいるでしょう。HARGカクテルというのはアルコールではなく、ビタミンBや血管拡張薬、コエンザイムQ10などの成分が含まれており、さらにAAPEというたんぱく質を加えた専用の薬剤なのです。これによって休止状態になっている毛母細胞に直接働きかけ、育毛や発毛の効果が得られるという治療法になります。